Home » 体型カバー水着の選び方 » どう見られているか気になるビキニスタイル

どう見られているか気になるビキニスタイル

体型カバー水着の選び方

元々海外で流行していたビキニスタイルの水着。
1970年ごろから日本でも一般的着用されるようになったが、80年代中期〜90年代中期にかけては、一時廃れワンピース調の水着が流行した。
しかし、90年代後期に人気を博した「へそ出しルック」を機に再びビキニが流行りだした。
それ以降、「三角水着(トライアングルビキニ)」や「ホルターネックビキニ」、「マイクロビキニ」など実にさまざまなビキニが登場している。

ビキニと一括りにしてしまえば、現在日本で着用されている水着はビキニスタイルが大半をしめている。
そんな中、デザインや好みなどを重視するあまり体型に合わないビキニを選んでしまいがちだがそれはNG。
だらしなく見えたり、太って見えたりとせっかくの水着姿が台無しになる可能性もある。
また、意外にも女性の体のラインを気にしている男性も多いので注意が必要である。

ビキニの選び方はカラーもかなり重要で、黒や紺色など色の濃いビキニはメリハリがついてしまってよっぽどスタイルがよくなくてはハードルが高い。
それとは逆に、肌の色に近い白色や水色など淡い色は清楚にも見えて受けがいいといえる。
マイクロビキニなど全面に肌を露出するスタイルとは逆に、ビキニの中でもパレオやショートパンツなどを活用して体型を隠す方法もあるので、あらゆるアイテムを利用すれば、体型を気にすることなくビーチタイムを楽しめるだろう。